プロに任せてパッケージデザインを用意する|商品に合うものを考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロのデザイナーの活用

箱

商品に合ったデザイン

パッケージデザインを考案するときにプロのデザイナーを活用すると商品に合った理想的なデザインを提示してもらうことができます。パッケージデザインを専門とするデザイナーはただ見た目の美しさだけでなく、商品価値を高めるためのデザインを学んで実践してきているのが特徴です。商品にとってパッケージは一体となって消費者に魅力を訴えかけるものであり、調和したデザインであることが必要でしょう。互いに高め合うパッケージデザインができていると消費者の購買意欲を掻き立てることが可能です。プロのデザイナーに販促を行いたい商品の用途やターゲットとなる消費者を伝え、実物や設計図を提供できればそれに見合ったものを考案してくれます。

デザイン料とフリーランス

プロのデザイナーにパッケージデザインを依頼するときにはデザイン料がかかりますが、その相場は明確になっていないのが一般的です。明朗会計になっているのは稀であり、見積もりを取ってみなければわからないことが多いでしょう。デザイナー側としても難易度の高い要求に対しては高いデザイン料を請求したいと考えていて、規定を明確にしていない場合がよくあります。デザイン料についてはフリーランスを行っているデザイナーの方が安くなることが多いので積極的に見積もりを取ってみると良いでしょう。企業に勤めている場合に比べて柔軟に要望に応えてくれることも多く、より販促に優れているパッケージデザインに到達できる可能性を秘めています。

印刷はネットで依頼しよう

名刺

名刺を注文する際に印刷所を利用すれば、クオリティやデザインでおおいにメリットがあります。ただし発注する時に実店舗の印刷所を選ぶと、大部数以外の受付がしてもらえなかったり費用が高かったりと不便な点はあります。そのため少部数で受付可能なうえ、費用や納品のスピードも速い通販の印刷所に頼むのが最適です。

Read More..

プロの業者を利用しよう

カラーチャート

最近、ネットからプロの印刷業者に自分の名刺を印刷してもらうことができ、その低価格で高品質な仕上がり、小ロットからも印刷可能というサービスもあって、利用者が増えています。テンプレートなどを利用して、会社用やプライベート用など、使う場所によってデザインを分けてから印刷しましょう。

Read More..

貼り付けるシート

女の人

マグネットシートは極薄の金属を含んだシートを磁石化したもので鉄などの金属にひっつくものです。接着剤を使ったシートと異なり下地を傷めませんし容易に剥がすことができます。またベースとなるシートに印刷することで、自由な文字や模様を持ったシートを作ることができます。

Read More..