貼り付けるシート|プロに任せてパッケージデザインを用意する|商品に合うものを考える

プロに任せてパッケージデザインを用意する|商品に合うものを考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

貼り付けるシート

女の人

貼り付けるシートの種類

貼り付けることができるシートの種類としては、裏面に接着剤を塗布したものとシートを磁石化したマグネットシートがあります。接着剤を使用したものでも強力に接着するものから剥がしやすくするものまであります。一方、マグネットシートの場合にも磁力が強いものと弱いものがあります。用途はさまざまですが、特に利便性に優れるのがマグネットシートです。マグネットシートは鉄などの磁石がくっつく下地がなければ貼り付けることはできませんが、平面な下地が用意できれば強力に貼り付くほか、剥がすさいにも下地を傷つけずに済むメリットがあります。このため、マグネットシートは一時的に何らかの案内をするさいに使うのに便利で、またベースとなるマグネットシートに印刷するだけでオリジナルのものを作ることができます。

注意すべきポイント

マグネットシートの印刷で選ぶべきポイントとしては、屋内用か屋外用かといったところです。この違いは印刷に使われるインクの耐久性です。屋内用は印刷に使われるインクが安いので代金も安くなります。一方で屋外用では紫外線に対して強みのあるインクが使われるので高くなる傾向にあります。また表面ラミネート加工を施すことで、引っかきや風化を防止することができ、長期間にわたって使用できるメリットがあります。マグネットシートの販売業者の多くはカッティングサービスが行われているので任意の形のシートを用意することができます。マグネットシートの印刷は看板業者が行っているほか、インターネット通販でも利用することができます。